FC2ブログ
ミシン修理・日誌・愛知ミシン
愛知ミシン(当社)にて日々行っておりますミシンの修理、その中から1日1台・無作為に選んだミシン修理をUPしております(当サイトの画像はクリック(タップ)すると拡大画像が見られます)
ジャノメミシン修理【トピア・エース・802型】佐賀県よりご依頼。
J 802-1J 802-6
J 802-7J 802-8J 802-9
ジャノメ・電動ジグザグミシン
トピア・エース 802型の修理です。

肉親から受け継いだミシンだが、縫えないし、動かなくなった…
との事で、お送りいただきました。

拝見しますと、
動きが妙に固いです、、、カバー類をバラしてみますと
モーターベルトがパンパンに張られていますので、
これでは動きが固くて当然です、
ベルトの張りを適正にしてやると、、、、プーリーは軽く動くようになりましたが、、、
上軸に動力がつながりません…
どうも、クラッチに問題があるようですので、クラッチ機構をバラしてみてみますと、、、
フライホイール、権、外クラッチ板、兼、モーターベルトプーリー内部の
クラッチ機構の部品が全てと
手回しプーリー内部のバランサーが欠損しております…(画像3、4,枚目参照)

クラッチ部品の欠損で、上軸に動力が伝わらないのを
無理やり、ベルトをパンパン状態にして、なんとか
上軸が回るようにして、使っていたのでしょうか?

お客様にご連絡し、
不具合箇所の修理とミシン全体的なメンテナンスもさせていただきました。

【愛知ミシンサイト・修理ご案内ページへ】
満足度100%のミシン修理店はここ!




Copyright © ミシン修理・日誌・愛知ミシン. all rights reserved.