FC2ブログ
ミシン修理・日誌・愛知ミシン
愛知ミシン(当社)にて日々行っておりますミシンの修理、その中から1日1台・無作為に選んだミシン修理をUPしております(当サイトの画像はクリック(タップ)すると拡大画像が見られます)
トヨタミシンの修理[ソーウィー60]長野県よりご依頼。



トヨタミシン ソーウィーシリーズ
ソーウィー60の修理です。

スピードと糸調子が安定しないとのことでした。

写真3で伺えると思いますが、かなり埃がたまっている状態です
動作スピードが不安定に変動するので縫いずらいし、危険でもあります、
基板部品のチェック(写真4)をし、異常が無いので、スピードボリュウムの交換をいたしました。

糸調子につきましては、上糸調子機のスプリングが弱くなっていましたので
スプリングテンションの再調整をいたしました。

全体的に汚れが酷かったので、お客様にご連絡し、ミシン全体の
オーバーホールをさせていただきました。
たまに有る事ですが・・・
オーバールでミシンをバラしている途中で、なにやら訳のわからないパーツ
(写真6、明らかにミシンの部品ではありません)がポロリと出てきました・・・
小さなお子様がいらっしゃるご家庭では
ミシンの保管場所にどうぞご注意くださいませ(;^_^A ・・・
お子様がミシンの隙間に何かを入れてしまう場合がありますし
針に手が触れては危険ですからね(^○^)

愛知ミシンHPはこちら↓
http://aichimshin.dayuh.net/



トヨタミシンの修理[HH-202]熊本県よりご依頼。



トヨタ電動ミシン
HH-202の修理です。

洋裁教室でお使いのミシンだそうです。
色々と調子が悪いので、全般的に修理・整備を
して欲しいとのことです。

このミシンのように、多数の方がお使いになるミシンは
一人の方が使い続けているミシンと比べると、
傷みは激しいです(同じ使用年数で比較)

押さえレバー、針板、垂直半回転カマ、モータベルト、
糸巻きゴム、ナツメ電球、モーターブラシを交換し
ミシン全体をオーバーホール、
各部の再調整をいたしました。

愛知ミシンHPはこちら↓
http://www.wa.commufa.jp/~machine/index.htm



トヨタミシンの修理[RA-210]三重県よりご依頼。



トヨタ電動スクール直進
RA-210の修理です。

針折れをしてから、少し調子が悪くなって
きている…との内容でお送りいただきました。

拝見しますと、
酷い故障箇所は無いようです、
試しに
色々な種類の布地を縫ってみます

普通地は問題ありません、、が、、
ボリュームのある生地や、伸縮性のある生地では
糸目が安定しません・・・酷い時は目とびします、

このレベルのミシンの場合、一般的に縫いずらい布地では
上級レベルのミシンと比べると、差が出てしまうのは
いたしかた無い、のですが・・・・・
それにしても、ご依頼品は、改善の余地有り
とゆうレベルでしたので

今回は、針棒の前後左右位置の微調整(部品加工含む)
カマの固定位置の微調整を限界までさせていただきました。

厚物の縫いの限界値は上がりませんでしたが、
縫いずらい生地の縫い目の安定性は
格段に向上したと思います。

愛知ミシンHPはこちら↓
http://aichimishin.dayuh.net/



トヨタミシンの修理[ソーウィー60]三重県よりご依頼。



トヨタ実用縫い電子ミシン
SEWIE60iの修理です。

縫い模様がおかしい、とのことでお送りいただきました。

拝見しますと、確かに縫い模様が選択したのと違う…
とゆうより、変な縫い目になります(^-^;

バラしてみて見ますと、模様カムのピボットアームがズレてしまっています…
これは、かなり厄介な修理です…( ̄□||||!!
それと、ミシン内部の汚れとグリスの硬化が進んでしまっていましたので
お客様にご相談し、ミシン全体のオーバーホールをすることとなりました。

悪戦苦闘の末、なんとか修理完了いたしました…
と、思い、動作確認してみますと、
ジグザグ小だけ出来ません…(ーー;)
バラシ、修正、バラシ、修正…
何度やっても、ピボットアームがジグザグ小の
カムに当たってくれません…(ノ◇≦。)
この機構自体を交換となると、手間と料金がえらいことになってしまいますので
お客様にご相談し、ジグザグ小は使えなくても良いとのことでしたので
修理完了とさせていただきました。m(_ _;)m

愛知ミシンHPはこちら↓
http://aichimishin.dayuh.net/



トヨタミシンの修理[EM-43]茨城県よりご依頼。



トヨタ実用縫いコンパクトミシンEM-43の修理です。

糸調子不良と糸絡みが起きる、との事でお送りいただきました。

拝見しますと
外カマの固定位置がズレているのと
内カマが破損してしまっています、
コンパクトミシンに起きる故障内容で、ダントツ1位といえる修理ですね。

コンパクトミシンを使っている方々に
お話させていただいた事のあるアドバイスを
引用させていただきます、

使用時、電動(モーターの動きのみ)にて上手く進んでくれない
ほどの厚さやボリュームの有る布地や
針が刺さらない硬さの布地は
そのコンパクトミシンでは縫えない布地だと判断してください、
物によっては縫製の仕方などを工夫して、生地の枚数を減らす等の
措置で対応できる場合もあります。

一番やってはならないことは
無理に手でプーリー(ミシン右横のワッカ)をグイグイ回したり
無理に布地を引っ張りながら縫うことです!
コンパクトミシンの故障の原因は大概上記を行った際
または、スピードを上げて縫っていた際に起こります。

どうぞお気をつけくださいませ!(^O^)

愛知ミシンHPはこちら↓
http://aichimishin.dayuh.net/





Copyright © ミシン修理・日誌・愛知ミシン. all rights reserved.